恥ずかしいのは最初だけ!

何でも最初が一番緊張するものです。恥ずかしさのほかに、痛いのかな、とか、勧誘されないかな、といった不安もあるからです。でも、今当たり前に通っている人たちも最初は初心者なんです。その方たちに聞いてみると、声を揃えて「恥ずかしいのは最初の5分だけ!すぐに慣れちゃう」と言います。それよりも、予期しないところでアンダーヘアがはみ出したりする方がよっぽど恥ずかしい、と。実際に恥ずかしい思いをしたからアンダーヘアの脱毛をするっていう人も多いですしね。けーこももちろん最初はドキドキでした。でも、それを越えればもうその先海やプール、そして彼との甘い時間に恥ずかしい思いをすることがなくなるのですから。

アンダーヘアの脱毛、こんなスタイルで行われます!着衣編

アンダーヘアの脱毛、自宅でやろうと思ったらどうしても下半身はすっぽんぽんになりますよね。それを人の前でやるなんて恥ずかしい、というのがアンダーヘアの脱毛を躊躇する原因だと思うのです。でも、実は脱毛サロンでのアンダーヘア脱毛は、紙製のショーツをはいて行うのが一般的なんですよ。Vライン、Iライン、Oライン、それぞれそのショーツをずらしながらの施術になりますから、婦人科検診のときのように「さあご覧!」状態ににはなりません。ご安心めされ!この紙製のショーツはサロンによって色も形も異なるのですが、カフェカーテンのようにポールならぬ紐に沿って動かせるようになっているものが多いんです。だからずらしながらでも丁寧な施術ができるというワケ。それに、施術をしない部分にはタオル等をかけてくれるので、露出している部分はあなたが思っているよりも少ないのが現実です。それにね、脱毛には光を使うから、それから目を守るゴーグルも装着しているんです。スタッフさんとガンガン目が合うわけでもないので、これまた恥ずかしさも半減。

アンダーヘアの脱毛、こんなスタイルで行われます!体勢編

さて、アンダーヘアの脱毛の際の体勢です。全てM字開脚で行うようなイメージではないですか?それも間違い。確かに、足の間を脱毛するのですからがっちり膝を閉じた状態では行われません。サロンによってその体勢も異なりますので、スタッフさんの誘導通りに足を動かします。VラインとIラインの脱毛は、足を4の字にするような格好で行うことが多いようです。そうすることで、こちらの足も疲れないし、施術するスタッフさんもやりやすいということになります。Oラインはうつ伏せで行うサロンが多いです。がっつり四つん這い、というのはなかなかないようですよ♪うつ伏せの場合、大体2人がかりでお尻のお肉をかきわけながらの施術となります。ここだけのハナシですが・・・けーこの経験から言うと、婦人科での診察よりもアンダーヘア脱毛の体勢の方が恥ずかしくないです。なんせおパンツ脱いで椅子に座ると、その椅子が倒れて足を乗せた台ががばぁっと開いていくんですから。しかもカーテンで仕切られていて・・・それの方がよっぽど恥ずかしくてドキドキしましたぁ・・・(笑)。

スタッフさんはてきぱきしていてまるで看護師さん

いくら女同士とはいえ、やっぱり恥ずかしい、と思うアナタ。今はアンダーヘアの脱毛に通う女性はとっても多いのです。スタッフさんは大忙し。一日に何人ものアンダーヘアを見て、ある意味時間に追われながら施術していくのです。さながら、忙しい病院を切り回していく看護師さん。とても優しく、テキパキと脱毛を進めてくれます。相手が恥ずかしがる感じがないと、こちらも不思議と大丈夫になるんですよね〜。例えば、脱毛体勢になるにしてもただ「足を開いてください」ではなく、「膝を軽く立ててください、そう、それからその足を横に倒してくださいね〜」と言った感じに、とても丁寧かつ的確な指示が飛んでくるのです。病院に行って恥ずかしいなんて言ってられないのと同じです。スタッフさん側も、恥ずかしい・・ともじもじされるよりも「お願いします」と施術体勢に入ってくれる方が助かるという事です。不安なら、最初のカウンセリングの際に細かい点まで聞いておくとまた安心です。

事務的な対応がお好みの場合は大手サロンをチョイスすべし

アンダーヘアの脱毛が初めての場合、やっぱり恥ずかしかったり緊張したりしますよね。その際に、おしゃべりをして緊張をほぐしたい、という人もいるでしょう。逆に声かけてもらうより早く済ませて、と思う人もいますよね。前者は小さなサロンや、アットホームを売りにしているサロン、後者は大手のサロンをチョイスするのが最適です。別に大手サロンのサービスが悪い、という訳ではありません。が、大手は当然顧客も多いので、ささっと的確に施術して次の顧客の予約時間に間に合わせなければいけないというタイトなスケジュールだったりするからです。その分、短時間でさっと施術を終わらせるようにしています。全身脱毛が売りの脱毛ラボなどは、手が空いているスタッフ数人がかりで施術をすることもあります。とにかく脱毛だけが目的、という場合は大手の方が合うかもしれませんね。逆に、顔なじみの担当さんとおしゃべりしながら・・と考えているのなら、担当チーム制をとっている銀座カラーなどがオススメ。